電話、オンライン面接のコツ

最近では、多くの企業が、実際に会う面接の代わりに、電話やオンラインのビデオ面接を実施しています。

iSearchを含む人材紹介会社も、候補者と電話やビデオ通話を利用したミーティングを頻繁に行っています。

皆さんそれぞれご多忙のため、このようなメディアを利用することは全員にとって便利が良いのでしょう

電話やオンラインビデオの面接には複数の利点があります。
• 時間の節約。特に東京で移動するのには時間がかかり、不便な場合があります。
• お金の節約。電車またはタクシーなどの移動手段に費用がかかりません。
• コミュニケーション。特にビデオ面接では、参加者が必要に応じて文書やプレゼンテーションを共有できます。

同時に、いくつかの欠点もあります。
• 技術的な問題。これには、WiFi環境によっては接続できなくなったり、遅くなったり、機器が故障したりすることがあります。
•非言語コミュニケーションの欠如。電話で相手のボディーランゲージを「読む」ことは不可能であり、ビデオ面接でさえ実際に会うよりも、コミュニケーションは難しくなります

もしリクルーターや企業と電話またはビデオ面接を行っている場合は、以下を参考にしていただくと、よりスムーズかつ生産的な時間になるでしょう。また、面接だけでなく、オンライン会議にも参考にすることができます。

    1. まず、スマートフォン、タブレット、またはPCなど、使用する機器がきちんと機能していることを確認します。予定の数日前に試してみて、面接予定の少なくとも1時間前にもう一度試してみてください。企業と面接する前に、リクルーターや友人と、テストコールを行いましょう。
    2. 背景を確認します。不快感を与えない、可能な限り整理されている場所を映すようにカメラを設置してください。例えば、平らな壁や上品な芸術作品が掛かっている壁などが良いでしょう
    3. 静かな場所を選びましょう。自宅にいる場合は、静かで中断される可能性のない部屋で電話/ビデオ面接をしましょう。short videoにあるようなことで、面接が中断されることは避けたいですよね。
    4. 1.  ビデオ通話の場合、スクリーンではなくカメラを意識して話します。そのためカメラがコンピュータの上にあるか、脇についているのかを確認しましょう。またその際に、カメラを見下ろすと目を半分閉じているように見えるか、何か気が散っているように見えないか確認してみましょう。もし携帯電話を使用する場合は、三脚やそれ以外の携帯を固定する機器の利用をお勧めします。手に持ってしまうとカメラが揺れてしまうため、面接相手の気が散ってしまいます。
    5. 5. 姿勢に気を使いましょう。例えば、リラックスし過ぎず、椅子に背筋を伸ばして座ってください。そして肘をテーブルに付かないようにしましょう。面接中の食事は控えてください。しかし、水を飲むことは大丈夫です。それはライブ会議でも定期的に発生するので、ある程度受け入れられています。非常に重要なこととして、インタビューの途中にインターネットサーフィンをすることは止めましょう。面接の前に企業と面接官のリサーチを終えたはずですし、リクルーターもできるだけ多くの関連情報を提供したはずです。カメラを通してどのような印象を相手に与えるか知りたいですか?是非リクルーターとの面接練習を録画してみてください。改善できることはありませんか?
    6. 適切な衣服を身に着けましょう。会社の面接を受けることを忘れないでください。友人とのカジュアルな会話ではありません。

上記のコツに注意を払っても、確実に採用されるというわけではありませんが、もしやらない場合は採用される確率は確実に低くなるでしょう。

「採用される職務経歴書の書き方」や新しい求人などの情報はiSearchのブログをご覧ください。

Please follow and like us:
error
error

Enjoy this blog? Please spread the word :)

RSS
Follow by Email
Facebook
Facebook